卵殻膜パックは手作りできる?赤ちゃんの肌になれると話題の卵殻膜を自作するのはちょっとまって!

卵殻膜パックを手作りは危険

卵殻膜の効果がエイジングケアに使えると聞いて、自分で作れるのでは?と思っている方がいるようです。

卵の殻についている薄皮を剥がし、顔に貼り付けてパックする方法なのですが、正直私はおすすめしません。

その理由をお話します。

卵の薄皮「卵殻膜パック」は手作りしないほうがいい理由①手間がかかる

まず、卵の薄皮をとるのが非常に手間がかかります。

ゆで卵の皮ではなく、生卵を割ったときの皮を使うのですが、これがうまく剥がれません。

途中で破れたり細かい殻がついてきたり。

その上、顔全体に貼り付けようと思うと10個ちかく必要になる(個人差があります)ことも。

そんなに1度に卵は食べられませんし、継続して卵殻膜パックをしたい人にはおすすめしません。

卵の薄皮「卵殻膜パック」は手作りしないほうがいい理由②雑菌の繁殖に注意

卵殻膜パックを作る時の注意点として、保存しない、ということがあります。

卵には様々な雑菌がついていることがあります。

冷蔵庫に入っているからといって安心できるとは限りません。冷蔵庫内に繁殖している菌もいるのです。

卵の薄皮を剥がしても、顔全体に貼る分が集まるまでためておいては、その間に雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。

卵の薄皮「卵殻膜パック」は手作りしないほうがいい理由③卵アレルギーの人は絶対NG

卵の薄皮パックは白身についていた側を肌につける、という方法になっています。

卵アレルギーの原因物質は白身の部分と言われていますので、アレルギーの人は絶対NGです。

また、アトピーや敏感肌の方も刺激がある場合があるので、必ずパッチテストをしてから実践することをおすすめします。

それでもやってみたいなら、作り方とパック方法はこちら

それでも1度位作ってみたい!という場合には、作り方はこちらです。

  1. 卵を割ったら少し乾燥させる
  2. 卵の薄皮を剥がす(乾燥しすぎると剥がしにくいので少し水で湿らせると剥がしやすくなります)
  3. 白身の部分だったほうを肌につける(殻についていた方が外側になります)
  4. 5分ほどおいて乾き切る前にはがす(完全に乾くと痛みが出たりするので注意)
  5. 卵殻膜パックを剥がしたら化粧水やクリームで通常のケアをする

簡単に卵殻膜パックしたいならローションのコットンパックがおすすめ

簡単に卵殻膜を使ったパックをしたいなら、ビューティーオープナーのローションを使ったコットンパックがおすすめです。

ビューティーオープナーオイル美容液を使ったコットンパックでも大丈夫ですが、ヒタヒタにしやすいのはやはりローションですね。

ビューティーオープナーローション&クリーム

ローションをコットンに染み込ませ、顔全体に貼れば完成です。

大きめなコットンを使い、2枚に剥がした状態でつけるとコットンも節約できます。

わざわざ卵の薄皮をピンセットで剥がす必要がないうえ、毎日卵殻膜パックをすることもできます。

毎日のケアにプラスしてスペシャルケアとして使うのも良いですね。

ビューティーオープナーローションは定期コースで買うと初回半額でお得

卵殻膜コスメ「ビューティーオープナーローション」は、クリームとのセットで初回半額で購入ができるキャンペーンをしています。

ビューティーオープナーローション&クリームセットのキャンペーン価格

定期コースでの販売で、しかもはじめて使う方限定の価格なのですが、コットンパックをすることもできる150ml入りのボトルで、クリームも32gと1ヶ月たっぷり使える量がはいっています。

2回目以降も9,720円ですし、初回のみで定期購入をキャンセルすることも可能になっているので、卵殻膜コスメに興味のある方にはオススメのアイテムです。

アマゾンや楽天で単品で買うよりも、公式サイトでセットで買ったほうが安いというのも、キャンペーン特価だからなのでしょうね。

卵殻膜配合コスメ「ビューティーオープナーローション&クリーム」の購入はこちらから。

公式サイトはこちら

実際に使ってみた生口コミはこちら>>

この記事がよかったらシェアお願いします!